記事キャッチ画像  いつも訪問ありがとうございます。

タイトルのとおり、当ブログ「ガジェおた」は「 Google Blogger 」サービスに移転しました!

2021年以降の投稿記事からとなり、2020年以前の記事は(マンパワーが無いため)ライブドアブログに残したままとします。

中途半端で申し訳ありません。 「Mac Excel 2019 VBA」入門記事、2021年6月17日から「 Blogger 」で始めました!(今までは、Excel 2016 版)

  「広告」  
 


 「 Google Blogger 」は Google が提供している無料かつ高速なブログサービスで、PCだけでなく スマホも広告無しにできる 筆者には打って付けのブログです。
個人用でどちらかと言えば大規模ブログに向いてませんが、たしか1アカウントで100ブログまで持つことができるはず。 ということで、筆者も2つに分割してみました!

(1) 独自ドメインへの移行という形を応用すれば、新サイトへの「301リダイレクト」が可能?
(2) <link rel=”canonical”>の正規化
(3) meta refreshの自動遷移


 2021年に新規投稿したのはたったの「4記事」だけですが、(2) と (3) に関してはやってみました。

(2) <link rel=”canonical”>の正規化
 引越し元の記事から「引越し先の記事」を指名するみたいな感じですが、「個別記事ページ」の <head> 部分(通常、</head> 部分の直前)に入れないといけなくて JavaScript 書きました!
「20210101〜20210531」限定で最初行追加したら2行できて無効なため、ライブドアブログが追加した行を置換しました。( Blogger ブログのURLは 〜 /yyyy/mm/1234567890.html で、数字10桁はライブドアブログの投稿記事id )

<IfArticleDateTag gt 20201231>
<script type="text/javascript">
if	( <$ArticleDateTag$> < 20210601 )	{
	var pub_yyyymmdd = '' + <$ArticleDateTag$> + '';
	var pub_yyyymm = '/' + pub_yyyymmdd.slice( 0, 4) + '/'+ pub_yyyymmdd.slice( 4, 6) + '/<$ArticleId$>.html';
//	var str = '<link rel=\"canonical\" href=\"https://gadget-otaku.blogspot.com' + pub_yyyymm + '\">'
//	document.write(str);
	var str_href = 'https://gadget-otaku.blogspot.com' + pub_yyyymm;
	let canonicalTag = document.querySelector("link[rel='canonical']");
	canonicalTag.href = str_href;
}
</script>
</IfArticleDateTag>


(3) meta refreshの自動遷移
 該当記事の場合のみ、 3秒後に 移転先へ! こちらは記事毎に書けばよい。
「記事を書く」部に追加するとTOP記事に影響が出るため、「続きを書く」部の先頭に追加。
なお、多数の記事を meta refresh する場合、同一コード追加で済むよう (2) を参考にして Java Script 化してくださいね。 (当ブログの場合、対象が4件(笑)なんで、Java Script 化せず)

【追加するコード例】
<meta http-equiv="Refresh" content="3; URL=https://gadget-otaku.blogspot.com/2021/03/1078710125.html">


以上で終わりです。 ぜひ、 Blogger の方も覗いてみてくださいね!


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ、右側の「人気ブログランキング」投票に ご協力ください。
また、お越しくださいませ。
// アタル




  「広告」