記事キャッチ画像
El Capitan アップデート後の Excel 2016 for Mac 動作確認(VBA)

(1) モジュールの追加・モジュール名変更が可能になったため、関数( Function )が追加記述可能に!

(2) ライブラリファイルの「参照の追加」が可能に!

(3) 「ボタン」クリックで、VBAコードが呼び出し可能に!
 Excel 2016 for Mac [VBA入門]、始めました!(Mac向けVBA 説明が少なくて…)
  「広告」  
 


 El Capitan アップデート後の Excel 2016 for Mac 動作確認(VBA) 
OS X El Capitan 10.11.1Office 2016 for Mac クラッシュ不具合が改善されたということで、 Excel 2016 for Mac の追加動作確認(VBA)を行った。

なお、Office 2016 for MacExcelWord において相変わらずクラッシュする報告があったが、今のところ 遭遇していない。
もっとも、 Yosemite 時から続く「 VBA 関連のクラッシュ不具合 」は除くが…
Windows版と比べると、Mac版の VBA制限は少なくはない。
ちなみに、Office 2016 for Mac Office 2013 for Windows のMac版リリースに Retina 対応を加えたバージョンの認識で良い。


 (1) モジュールの追加・モジュール名変更が可能になったため、関数( Function )が追加記述可能に! 
15
右クリックから、「モジュール・クラスモジュール」の追加が可能に!
もちろん、削除も可能。


05
「モジュール4」が追加された!

17
「モジュール名の変更」も可能!

11
1行も記述のないモジュール内に、関数( Function ) の VBAコード を追加した。
赤枠内で示したとおり、イミディエイトウィンドウから 「?」 あるいは 「Debug.Print」にてプロシージャの実行や変数値の参照が可能だ。



 (2) ライブラリファイルの「参照の追加」が可能に!  
VBAのウィンドウ( VBE : Visual Basic Editor ) の左下にある「参照の追加…」にて。
34
36


 (3) 「ボタン」クリックで、VBAコードが呼び出し可能に! 
できないと思っていた「ボタン」クリック時のマクロ新規作成が、マクロ名から日本語を省くことで可能だと判明!
16
マクロを保存するファイルを選択した後、マクロ名を「 Button1_Click 」などの 日本語を省いた英数字のみ に変更して「新規作成」ボタンをクリック。

31
自動追加された「Module4」内に作成された「 Button1_Click 」Sub プロシージャにコードを記述した。
コードの内容はあまり意味のないものなので、気にしないで欲しい。

09
「ボタン」クリックでVBAが起動され、「 MsgBox 」ステートメントにてコードの中断も可能だ!

56
上記 Sub プロシージャ を 下線の「 Call 」ステートメントで呼び出しも可能!


VBAコード内で日本語を記述すると(貼り付けは可能)乱れたり、保存時にクラッシュすることが多いが、VBA開発において最低限の環境が整ったようである。
関数Function プロシージャ ) が自由に記述できるようになったのは大きい。


  「広告」  

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ、右側の「人気ブログランキング」投票に ご協力ください。
また、お越しくださいませ。
// アタル
 

  「広告」